​高松のこと、仏生山のこと

物件情報をはじめ気になるお店やイベントなど、高松や仏生山の情報をブログ形式で綴っています。

駅前の喫茶店

仏生山を電車で訪れる人が改札の向こうに必ず目にする、かつて喫茶店「銀嶺」だった建物です。この1年半ほどは町の案内所や小さなコーヒースタンドとして使われ、時にはお芝居の舞台にもなったことで、ご存じの方も多いかもしれません。 多くの人の思い出が詰まったこの場所で、新しくなにかを始める方を探しています。 物件情報はこちら。

電車と​自転車でGO!

仏生山の町を走るのは、昔ながらの面影を残すことでんの黄色い電車。 町内は江戸初期以来の門前町のたたずまいのために、車では通りづらいような狭い道が続き、自転車の方が目的地に早く着くくらい。 ​モータリゼーションから取り残された町だからこそ、ゆっくりのんびり、電車と自転車で。

歴史を感じて暮らす

高松藩松平家は、徳川家康の孫を初代とする由緒正しい家系。 ​その菩提寺である法然寺には、歴代藩主の墓が並びます。 ​ お殿様が山上から見守る仏生山の町で、門前町のたたずまいのそばで、現代に繋がる歴史を感じること。 それは、ちょっと背中が伸びる気分だったり、ふっと落ち着く感じだったりします。

街と田園のそばで

仏生山の町は、面積にして3㎢弱。 そのなかに古くからの商店街の通りがあり、そこから一歩脇へ入ると住宅街、さらにその奥には田園風景が広がっています。 ​街であり田園である、仏生山の町。住んでみればその心地よさが実感できると思います。

CATEGORY

ARCHIVE

kaoku
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Instagram Icon

〒761-8077 香川県高松市出作町347-3

Tel 087-889-8533 Fax 087-880-3539

info@almonde.jp